クイックリンク

2012年2月28日火曜日

LEDドレスアップセットのご案内です

先日DOメール!にてご案内をさせていただきました
LEDドレスアップセットのデモカーが本日完成しました。

デモカーはメローイエローのワンに取り付けました









付けてみたらビックリする程
明るくなりました。

今回は内装が同じ仕様のアストロブラック ワンと
比較をしてみました

メッキインテリアセットも今回同時装着をしたのですが
いかがですか?
LEDドレスアップセットと同時装着で
キラキラ感がさらにUPして
エロさ3割増しですね☆

R53 クーパーS エンジンチェックランプ点灯

R53 クーパーS エンジンチェックランプ点灯
 
R53 COOPER S CHECKMATEにお乗りのオーナーさんが、
エンジンチェックランプ点灯で来店されました。
コンピューター診断と、車両点検の結果、
クランクプーリーが、ガタついており、ファンベルトが、切れかかっていました。
早速、車をお預かりし、修理開始です。
クランクプーリー(バイブレーションダンパ)を取り外してみると・・・
左が新品で、右が取り外したプーリーです。
見た目は、そう変わりませんが・・・
右のプーリーは、完全に分離していました。
ゴムが完全に焼き切れてしまっています。
こうなってしまうと、プーリーにガタが生じ、
プーリーに掛かっているベルトがジグザグに動き、その結果、
ベルト外れや、ベルト切れに繋がります。
もちろん、エンジンチェックランプ点灯にも繋がります。
 クランクプーリーを取り外した様子
エンジンブロック外壁に、プーリーが当たった傷はあるものの、
クランクシャフト自体は、特に問題なしです。
今回は、クランクプーリー以外に、
ファンベルト、ベルトテンショナー、アジャスティングプーリーを同時交換します。
交換部品をすべて組み付け、再度、コンピューター診断を行い、
テストドライブを終え、作業完了です。
今回、ご紹介した、クランクプーリーは、純正品交換ですが、
修理ついでに、軽量クランクプーリー取付など、
チューニングされるオーナーさんも沢山いらっしゃいますので、
先ずは、点検されてみてはいかがでしょうか?
ではでは・・・。


2012年2月25日土曜日

R50 クーパー ウォーターポンプ交換

R50 クーパー ウォーターポンプ交換

前に、サーモスタットの交換事例を紹介しましたが、
今回は、もっと厄介なウォーターポンプからの水漏れです。
サーモの時とは違い、フロント部分を、ほとんど取り外します。
で、やっとコヤツに会えます。
やっと会えたね・・・。
普段は、殆んど、見る事は出来ませんが、たまに会えます・・・。
早速、取り外して新品に交換です。
上の図の黄色のライン部より水漏れが発生しており、要交換です。
ウォーターポンプからの水漏れは、サーモからの水漏れに比べ、
冷却水の減りも早く、オーバーヒートの可能性も高くなります。
新品ウォーターポンプASSY
新品ウォーターポンプを組み付けし、フロント部分も元通りにし、
エア抜きし、最終チェックを終え、作業完了です。
サーモの次に、多い水漏れ箇所ですので、
普段の点検が重要になってきます。
当店は、点検時に必ず、こういったMINI弱い部分も、しっかり見ますので、
点検、車検は是非、DO-SPIRITSへおまかせ下さい。

2012年2月23日木曜日

新入荷ホーイルのお知らせ

新入荷ホーイルのお知らせ

 入荷したてのホイールのご紹介です。
ラ・ストラーダ・クルージョン 17インチ
マッドブラックにシャープなポリッシュスポークが施され、
独創的でユニークなデザインが特徴です。
ホイールだけではイメージしにくいので、
当店の展示車両に装着してみました。
こんな感じです。

前からの写真

後ろからの写真

専用センターキャップ付で、
しかも、社外ブレーキキット対応です!
気になる価格は店頭にて!!
17インチタイヤセットも販売いたしておりますので、
どうぞ、ご来店下さい。

2012年2月20日月曜日

55MINI Goooooo!!バッチ入荷しました。

55MINI ゴーバッチ入荷しました。
今、巷で話題の、フロントグリルに、取付ける、あのバッチ入荷しました!!
その名も! 「GO バッチ」 !!
バッチの種類は、今回、3種類、入荷いたしました。
土台ベースを購入すれば、色んなバッチに交換する事が可能!!
オーナーさんのセンスが光る1枚です。
車種問わず、フロントグリルに装着出来ます!!
愛車のイメージチェンジにいかが?

コービー君も大好評発売中ですよ!!
今週末は是非 DOーSPIRITSへ!



2012年2月17日金曜日

水のトラブルにご用心

R50・R53系に多い水のトラブルにご用心です。
水=冷却水の管理は大丈夫ですか?
今回は、水=冷却水(以下省略)廻りで多い、
修理箇所ベスト3をご紹介いたします。
では、
1位 サーモハウジング及びサーモスタット
2位 ウォーターポンプ
3位 ラジエターホース、ドレンコック等
いずれも、水漏れが多い箇所で、オーバーヒート等のトラブルに繋がります。
これらの箇所は、普段から目視や、日常点検することで、未然に防ぐ事が出来ます。
しかし、なかなか発見できない、または、見つけにくい箇所でもあります。

今回は、当店でも多い、サーモハウジングからの水漏れをご紹介いたします。
以前、お客様から、「ボンネットから煙が出ているので、みてほしい。」と連絡を受け、
ご自宅まで、お伺いした時の事例です。
お伺いしてみると、敷地に、すでに水の漏れた跡が・・・。
さっそく、ボンネットを開け、確認してみる事に。
恐らく、漏れた跡の痕跡から考えて、コヤツでは、なかろうかと・・・。
サーモハウジング部(写真中央部分)を入念にチェックし、
調べていくと・・・。
 んっ??ムムッ!!
緑色した液体の、流れた跡があります。
間違いない!!と断定!!
この日は、訳あって、現場での修理となりました。
敷地が多少、汚れる事を承諾頂き、早速、その場で修理に取り掛かります。
一通り、作業に必要な工具・部品等は持って来てましたが、
やはり現場での作業は設備等が無いため、堪えます。
サーモハウジングを取り外した序でに、
サーモスタットとパッキン(水漏れの原因)を交換します。
その後、再組み付け水注入エア抜き最終チェックを終え、
無事、引き渡し完了です。

今回の事例では、オーナーさんから、通達を受け、
未然に、トラブルを防ぐ事が出来ましたが、
気づかずに、放っておくと、車がオーバーヒートし、
修理代が、高く付く事も、ありますので、
普段からの点検が、とても重要です。
な・の・で、
愛車の様子がおかしい・・・
変な臭いがする・・・
水温が、いつもより高い・・・
ボンネットから煙が・・・等
気になる症状がございましたら、
DO-SPIRITSに何なりと、ご相談下さい。
当店専門のスタッフが、お話をお伺い致します。








2012年2月14日火曜日

R56 クーパーSにDuelL AGメーターゲージフェイス+αの取付け

R56 クーパーSDuelL AGメーターゲージフェイス+αの取付け
前回、DuelL AGGTウイングを取付けて頂いたオーナーさんが、
DuelL AGメーターゲージフェイス+αの取付けに、先日、ご来店頂きました。
取付けたのは、Ver.1.4 260km/hフルスケールメーターです。
そして、一緒に取り付けて頂いたのはこちら・・・!!
じゃ、じゃーん!!
ニードルキャップです!!
オーナーさんに、1か月近く、お待ち頂いたパーツです。
コレに目を付けたオーナーさん、流石ですね。
で、完成すると、こんな感じになります。
とても良いですね。
違う角度から・・・あれ?コービー君?そんな所で何してるの?
それにしてもギザカワユスなぁ~。
シリアルナンバー入り?という事は限定生産!!!
 夜は、こんな感じにります。
雰囲気が、ガラッと変わり、では、また違った表情を、見せてくれます。
外装・内装、共にトータルで、バランスのとれた、とてもMINILIKEな車に仕上がりました。




S様 ご来店&お取付け頂き、ありがとうございました。
今後とも当店を、よろしくお願いします。

2012年2月10日金曜日

新商品入荷のお知らせ

ピボット製メーターゲージX2‐M5 MINI R56 クーパーS用

メーター色は純正メーターと同じオレンジなので、一体感が出て、視認性もバッチリ!!
ブースト水温が、これ一台で見れて、愛車の状態を、しっかり管理出来ます。
しかも、取付けも簡単で、リーズナブルで、お手頃です。
続いてはコレ・・・
COBE(コービー)ベア’S 全4種
こんなにギザカワユスで、掌サイズ!!
しかも、お手頃価格です!!
My鍵に、ぶら下げてみてはいかが?
只今、コービー達の、オーナーさんを探してます(笑)
気になる、もしくは、欲しい!!という、オーナーさん
お待ちしております。
ではでは・・・




2012年2月9日木曜日

R55 クラブマンにリア用リジカラの取付け

R55 クラブマンにリア用リジカラの取付け。


先日、当店で、フロント用リジカラを、取付け頂いたお客様から、
リア用リジカラの取付けに、ご来店頂きました。
今回、オーナーさんのパーツ持込みでの取付けです。
前回、フロントのみ、リジカラを取付け頂き、その効果に驚かれ、
今度は、リア用リジカラを取付けに、ご来店されました。

リヤ用リジカラ左右セット

リアの足回りや、メンバー自体の造りは、フロントに比べ、
構造自体は、簡単に出来ており、作業性も良いです。

リアのボディ補強を、しっかり行う事で、車の動きが良くなり、
リアの挙動変化が、掴み易くなり、コントローラブルな車に仕上がります。

写真の矢印箇所に、リジカラを装着します。
左右2ヶ所で、合計4ヶ所に、リジカラ装着します。
先ずは、フロント同様に、ボディとリアメンバーの間に、隙間を作ります。
(作業には、専門の知識、設備が必要ですので、ぜひ当店をご用命下さい。)
この隙間に、リジカラを入れ、挟み込みます。
 この隙間に・・・
このようにセットし、
ボルトにも、もう一つのリジカラをセットし、
上記の写真のように、上下でリジカラを挟み込みます。
もう1ヶ所、内側にもリジカラを入れ、ボルトを締め込みます。
装着後 下から見た様子 (画面の矢印部分にリジカラ装着)
リジカラ事態は、ほとんど外から見えませんが、
MINIリア用リジカラは、外から見る事が出来るので、
装着している事のアピールにもなりますね。
装着後、いざ、テストドライブへ・・・。
インプレッションとしては、走り出した瞬間に、ボディ剛性が上がったのが、
手に取るように判ります。
ボディ剛性は、スポーツカーの、まさに、ソレです。
まさか、ココまで変化するとは・・・
まさに、ボディ剛性アップには、必須なパーツですね。
車体に個体差はあると思いますが、リジカラおすすめです。
当店にて、リジカラを入荷、販売致しておりますので、ぜひご来店下さい。

F様 お持込み&取付け、ありがとうございました。